家の購入

 

 

 

家の購入~お金はどのくらい借りれるの?

家を購入する時は、多くの人が住宅ローンを利用します。

住宅ローンを利用するとは銀行からお金を借りるということです。

利子をつけて返済するわけですが、そもそも必ずしも貸してくれるとは限りません。

金額も大きいので、
貸す側としては、きちんと返済してくれるかどうかを厳しくチェックします。

審査の基準は公表されていませんが、金融機関によって違いますので、
A銀行では審査に通り、B銀行では通らない、ということも当然起こりえます。

借りる側としては、少しでも金利の低い銀行の住宅ローンを利用したいと思うでしょうが、
相手が貸してくれなければどうしようもありません。

貸してくれる銀行の中から、最も有利な条件のところを探すことになります。

専業主婦でも借入可能な銀行もありますよ。

住宅ローンの審査基準に金融機関ごとの違いがあるとはいえ、
どこの銀行でも重視するのは融資比率と返済比率です。

融資比率とは、
購入する住宅の価格に対してどれくらいの借入をするか、というパーセンテージです。

5000万円の家を買うのに4000万円のローンを組めば、
融資比率は80%ということになります。

返済比率とは、年収に対するローン返済額の割合です。

年収500万円の人が年間100万円返済するとしたら、返済比率は20%です。

多くの銀行で融資比率80%以下、返済比率25%以下をひとつの基準にしています。

 



Menu

● TOP
● 家の購入~お金はどのくらい借りれるの?
● 家の購入~住宅ローンの申込の流れは?
● 家の購入~購入のタイミングは?
● 私はこうやってマイホームを購入しました!

Copyright(C)2014-家の購入 ~いつかきっとマイホーム~  All rights